ご挨拶・基本理念
院長挨拶
内視鏡検査瀬谷ふたつ橋病院は、昭和46年、十全二ツ橋病院として瀬谷の地に設立されました。その後、幾度かの増床・改築を経ながら、急性期医療に携わり続けて参りました。
しかし、時代の移り変わりと共に、当院の役割も変化してきていると実感しています。近隣には、大学病院を始め、500床以上を有する総合病院も建設されました。
医療の細分化が進み、医療環境が目覚ましく変化するなか、当院が近隣住民の皆様に貢献できることは何か?当院の立ち位置を明確にし、真に地域に受け入れられる病院を目指して、瀬谷ふたつ橋病院は、目標・基本方針を今一度新たに致します。
創立者の理念でもある「やわらかな医療」はそのままに、地域の皆様に必要とされる病院であるべく、職員一同、精力的に取り組んでまいります。
引き続き、皆様方の変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
2016年4月1日
医療法人社団 美里会
瀬谷ふたつ橋病院 病院長 藤原 里沙
 
 
病院の理念
 
基本方針

1.医療・福祉を通じて社会に貢献します。

2.地域の方々から頼られる病院を目指します。

3.知識と技術の向上に努め、質の高い医療を実践します。

4.職員がやりがいを感じ、いきいきと働ける職場を目指します。

 
受診される皆様の権利

1.適切な医療を平等に受けることができます。

2.十分な情報を得た上で、自己決定に基づき治療を受けること、
  または拒否することができます。

3.自分自身に関わる医療情報を知ることができます。

4.担当医師、病院、保険サービス機関等を自由に選択することができます。
  (セカンドオピニオンを求める権利)。

5.個人情報は保護されます。

6.健康教育を受けることができます。

 
受診される皆様に守っていただくこと ~より良い医療のために~

1.疾病や医療行為を十分理解し、合意の上で治療をお受け下さい。
  わからないことは、医療者にその場でおたずね下さい。

2.治療に必要な事柄に関して、正確な情報提供をお願い致します。

3.病気を治すには、受診される皆様のご協力が不可欠です。
  治療に対して積極的かつ意欲的に取り組んで下さい。

4.より良い療養環境を維持するため、病院内規則と職員の指示をお守り下さい。

5.病院内での暴言、暴力、各種ハラスメントは固くお断り致します。

6.病室内喫煙、飲酒、無断離院などは大きな事故に繋がる可能性があります。
  状況によっては、診療をお断り致します。

7.医療費の速やかな支払い、時間外受診の一時金支払いに対してご協力を
  お願い致します。