医療区分について

療養病棟に入院中の患者様は, 厚生労働省の定めた医療区分とADL区分によって包括評価をすることを義務づけられています。
これらの評価によって入院負担額が変わります。

 
医療区分3
  • スモン
  • 中心静脈栄養, 24時間持続点滴
  • 人工呼吸器
  • 気管切開および気管挿管をされ発熱を伴う場合
  • 酸素療法を実施している状態
  • 医師および看護師により常時監視/管理をしている状態
医療区分2
  • 筋ジストロフィー症・多発性硬化症、筋委縮性側索硬化症、パーキンソン病関連疾患(進行性上性麻痺、大脳皮質基底核変形症、パーキンソン病でホーエン、ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害がⅡ度又はⅢ度の状態に限る)
  • 脊髄損傷(頚椎損傷を原因とする麻痺が四肢すべてに認められる場合に限る)・慢性閉塞性肺疾患(ヒュー・ショーンズの分類がⅤ度の状態に該当する場合に限る)
  • 悪性腫瘍(医療用麻薬等の薬剤投与による疼痛コントロールが必要な場合に限る)
  • 肺炎に対して治療を実施している状態
  • 褥瘡に対する治療を実施している状態
  • せん妄等に対する治療を実施している状態
  • うつ症状に対する治療を実施している状態
  • 尿路感染に対する治療を実施している状態
  • 気管切開又は気管内挿管が行われている状態
  • 手術創のケア、創傷処置
  • 消化管等の体内からの出血が反復継続している状態
  • 傷病等によりリハビリが必要な状態(傷病発生後30日まで)
  • 8回/日以上の各痰吸引を実施している状態
  • 頻回の血糖検査を実施している状態(3回/日以上)
  • 脱水に対する治療を実施している状態、かつ、発熱を伴う状態
  • 頻回の嘔吐に対する治療を実施している状態、かつ、発熱を伴う状態
  • 経鼻胃管や胃ろう等の経腸栄養が行われており、かつ、発熱を伴う状態
医療区分1
  • 医療区分2および医療区分3に該当診いない者